INTO THE WILD.

c0172395_0313071.jpg

ショーン・ペンの監督最新作を観て、素直に感動した。
映画評にあった「生の輝き」という言葉が、愚直だけどしっくりきた。
よくもその「生の輝き」を「映像化」できたものだと思う。

奇をてらったアングルがあるわけでなく、もちろんCGがあるわけなんてない
どちらかと言えばオーソドクスな表現の中に、二度と無いだろうかけがえのない空気と光が映っている。
そんな感じが画面に終始充溢してて、文字通り目が離せなかった。結構長い映画だけど。

ショーン・ペンと撮影のエリック・ゴーティエ、次作もこのコンビならいいのに。
[PR]
# by cagrismmm | 2008-09-14 00:51 | today

藝祭 2008へ行く

c0172395_074823.jpg

普段は入れない藝大の中を歩いてみたくて、藝祭へと行ってみる。
音楽の方も美術の方も校舎全体が森に囲まれたアトリエだった。
最高学府にふさわしい環境で、ここで今学んでる人をうらやましく思う。

でも展示をいろいろ見て回りながら、ストンと受け取れたのはこの作品だけだった。
見たとおりの「鳥の家」というタイトルのシリーズ。
作家は大学院の彫刻専攻、千葉麻十佳さんという女性らしい。
このプリントは、まとめて欲しいと思った。
c0172395_0311380.jpg
c0172395_0312360.jpg

[PR]
# by cagrismmm | 2008-09-07 00:26 | today

PURPLE ANTHOLOGY

c0172395_0113942.jpg
c0172395_0114926.jpg

創刊から、すべてのPURPLEをまとめた本。
オルタナティブな写真、オルタナティブなファッション。
こんなのありか?を問い続ける姿勢には、新しいも古いもないと実感させられる。

M・ボスウィック、W・ティルマンス、R・プリンス、T・リチャードソン・・・

すでにこの本でしか見られない作品もたくさんある。
[PR]
# by cagrismmm | 2008-09-05 00:21 | book

DESIGN BUSSAN NIPPON

c0172395_0222512.jpg

ナガオカケンメイ氏がコミッショナーを務めるDESIGN BUSSAN 展を
先日、銀座・松屋に見に行った。(もう終わってます)
47都道府県から、デザインという視点で選んだ各5点を展示。
あくまで物産展なので、欲しいものは買える、というシステム。(当然売り切れのもの多数)
「デザインが個性を表現する素敵な方法だとしたら、
いま(中略)日本はどんな状態なのでしょう」
展示そのものはともかく・・・この問いかけは意味あるものだと思った。
[PR]
# by cagrismmm | 2008-09-03 00:31 | today

LINES & SHAPES

c0172395_0463824.jpg
c0172395_0464674.jpg
c0172395_0465725.jpg

LINES & SHAPES
ポートランド発の若いアーティスト達による限定のブックレット。
cowbooksで買った。

「ルールや昔ながらの社会現状から自分を切り離し、
 自分自身の力で何かを考え、創りだすこと。」
ジョン・C・ジェイ氏によればポートランドは「インディペンデント」な場所、とのこと。どんなとこなんだろう。
[PR]
# by cagrismmm | 2008-09-02 01:02 | book