<   2008年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

川久保玲とコム・デ・ギャルソン

c0172395_0164142.jpg

豪雨と青空、というすごいお天気の合間に
SCAI THE BATHHOUSEに新しい展示を見に行く。
道すがら川久保玲氏の最新インタビュー記事について考える。

Unlimited COMME des GARCONS での
彼女の言葉も、どれも直球で強かった。何度も読んだ。

c0172395_0314717.jpg

帰宅したら、CY TWOMBLY の写真展オープニングへの
インビテーションが届いていた。
マルセイユで来週、って言われても・・・(笑)
でも、CY氏の生きて動いているところは見たかった。
[PR]
by cagrismmm | 2008-08-31 00:38 | today

タイポグラフィ

c0172395_145243.jpg

C.A.G.の紙袋。
開店時にいただいたフランス製アンティークの活字を組み合わせて
一枚ずつ押している。

Aだけaなのがいい。
c0172395_1482473.jpg

青山のCOWBOOKSで見つけた。

Gだけ何度見直しても、見つからなかった。
[PR]
by cagrismmm | 2008-08-30 02:03 | C.A.G.

ものの値段

c0172395_8451650.jpg

ある人にとってはゴミのようなものが、
ある人にとっては1億円。面白すぎる。

「その絵いくら?」小山登美夫 
講談社セオリーブックス
[PR]
by cagrismmm | 2008-08-29 02:44 | book

中村勇吾 @ggg

c0172395_225124.jpg

先日、銀座のバーニーズNYを覗いた帰りに何気なく見たらやっていた、
ウェブデザインのスーパースターの展覧会
特に地下のインスタレーションに感動でした。
「整理する」ことと、「手仕事な感じ」のコントラストが新鮮に見えるのだと思う。
ミシェル・ゴンドリーの感じが、それに近い。

映画の公開が楽しみだけど・・・
HASYMO=YMOによるテーマ曲TOKYO TOWN PAGES がずっと
頭の中でループしていて困ってるこの頃。
[PR]
by cagrismmm | 2008-08-28 02:30 | art

ダークナイト The Dark Knight.

c0172395_137755.jpg
c0172395_1371743.jpg

休日に、バットマンの新作「ダークナイト」を見る。
ティム・バートン監督の1作目、2作目は完成されたファンタジーだった。
そしてクリストファー・ノーラン監督の本作は、現代のリアリティをつかんだ傑作。
思えばこの監督は、世に出るきっかけとなった「メメント」も素晴しかった。
映像的にもバットマンの地下の基地なんか、まるでモダンアートのアトリエのようでかっこいい。

そこらの文芸大作を軽くしのぐ、見た人に深く、大きなテーマを突きつける映画。
ヒース・レジャーの急逝が話題を煽っているけど、脚本と演出こそ素晴しい映画だと思う。

・・にしても、敬愛するゲイリー・オールドマンのすごさには驚かされる。
見終わっても「どこにいたか、役は何だったか」全く意識させない俳優魂。

直々にいただいたサインは家宝です。
[PR]
by cagrismmm | 2008-08-27 02:03 | today

PK80

c0172395_23204899.jpg
c0172395_23205937.jpg

先日行った国立新美術館、休憩室にあったポール・ケアホルムのPK80。
低い座面と徹底してミニマムなデザインで、主張はしないけど強い存在感がある。
やはり、こういう佇まいのものに惹かれます。さすが世界の美術館御用達。

アヴァンギャルド・チャイナは、張 暁剛 (ジャン・シャオガン)の作品が
アウトプットのクオリティで圧倒していたと思う。
c0172395_23355348.jpg

知ってはいても興味の無かった話題の中国現代美術。
実作を見ないとわからないものだ、とつくづく思った。
[PR]
by cagrismmm | 2008-08-26 00:16 | art

フェルメール

c0172395_192170.jpg

用事があって千駄木から歩いて上野公園を通りすがりに、
東京都美術館で「フェルメール展」をやっているのを思い出す。
閉館まで1時間しかなかったけど、混んでいるのを承知で入館した。

延々続くデルフト絵画を見る人の行列を小走りに通り過ぎ、フェルメールの部屋に。
出品は7点。
見れば見るほど気づきを与えてくれる、不思議な絵。
特にこの絵↑からは動けなくなってしまった。
見ながら、印刷で見ていてもほぼ意味の無い絵であることがわかる。

そして、この時間の鑑賞は実は正解だった。
閉館間際の数分間、ほとんど人のいない展示室で静かに集中して作品と対峙できる。
その部屋には1時間いたけれど、その数分で感じたことの方が多かった。


以前読んだ「フェルメール・全点踏破の旅」
ルーブルや他の場所でも見てるので、
今日の7点を加えて、すでに何分の一かは制覇してるのかな。
[PR]
by cagrismmm | 2008-08-25 01:31 | art

毛沢東

c0172395_2342041.jpg

仕事終わりで、千駄木・毛家麺店へ。坦々麺を食べた。

数年前、札幌で地元の方に連れて行ってもらった、知る人ぞ知るラーメン店。
満席の店内で食べた味噌ラーメンは、一緒に行った人曰く「麻薬入り」。
本当にうまかった。

で、この坦々麺にも「麻薬」が入っていたような気がする。
・・・これは、うまい。
[PR]
by cagrismmm | 2008-08-24 00:11 | today

アネット・メサジェ @森美術館

c0172395_0494090.jpg

フランスの女性アーティスト。
かなり大きなインスタレーションが部屋ごとに展開される、かっこいい展覧会です。

皮膚感覚というか、内臓感覚というか。やわらかなもの、への生理。
布をメインとした材料の素材感。フランスな毒。

ものづくりのヒントがいろいろありそうで、必ず見に行くようお薦めしました。
c0172395_0495393.jpg

東京シティビューからは、試合の始まっている?神宮球場が見えた。
この直後、東京は豪雨だったけど無事だったろうか。
[PR]
by cagrismmm | 2008-08-22 01:09 | art

DYMO

c0172395_036181.jpg

小さいときに、憧れていたけど買ってもらえなかったものの一つ。
DYMO。

ちょっと前に、セブンイレブン限定・BEAMSプロデュースで販売されていたのを、
深夜、自分にいろいろ言い訳しつつ購入。
C.A.G.で、商品説明のボードなどに使ったりもしています。

すべてがアナログで・・・
そんなアナログならではな「仕組み」に憧れてたんだな、と
思い出した。
[PR]
by cagrismmm | 2008-08-21 00:41 | today