カテゴリ:today( 12 )

COLORS

c0172395_0155855.jpg
c0172395_021846.jpg
c0172395_0211896.jpg
c0172395_0213117.jpg
c0172395_0214199.jpg
c0172395_0215097.jpg
c0172395_022087.jpg
c0172395_022857.jpg
c0172395_0221816.jpg
c0172395_0223840.jpg

タイ・チェンマイ、マンダリン・オリエンタル、ロビーフロアのヴィンテージタイルのモザイク。
あまりのきれいさに、優雅な空気の中、挙動不審にも関わらずひたすら写真に。
このホテルは、タイの文化=ひとつの村をまんま再現しようとしているすごいプロジェクトです。
一番下の写真、遠く見える田畑やそこで働く農家の方々、牛に至るまで、すべてがこのホテルに「所属」している。
そして各時代のタイの住宅建築の様式や、寺院建築などが研究され再現されています。
こう書くとまるでテーマパークのようですが、そのすべてが「自然に」そこにある佇まいと、
ほんとうに気持ちいいホスピタリティ。
ここがどこなのか、どうでもよくなる、そんな稀有な場所。またいつか行けるんだろうか。
[PR]
by cagrismmm | 2008-12-15 00:39 | today

INTO THE WILD.

c0172395_0313071.jpg

ショーン・ペンの監督最新作を観て、素直に感動した。
映画評にあった「生の輝き」という言葉が、愚直だけどしっくりきた。
よくもその「生の輝き」を「映像化」できたものだと思う。

奇をてらったアングルがあるわけでなく、もちろんCGがあるわけなんてない
どちらかと言えばオーソドクスな表現の中に、二度と無いだろうかけがえのない空気と光が映っている。
そんな感じが画面に終始充溢してて、文字通り目が離せなかった。結構長い映画だけど。

ショーン・ペンと撮影のエリック・ゴーティエ、次作もこのコンビならいいのに。
[PR]
by cagrismmm | 2008-09-14 00:51 | today

藝祭 2008へ行く

c0172395_074823.jpg

普段は入れない藝大の中を歩いてみたくて、藝祭へと行ってみる。
音楽の方も美術の方も校舎全体が森に囲まれたアトリエだった。
最高学府にふさわしい環境で、ここで今学んでる人をうらやましく思う。

でも展示をいろいろ見て回りながら、ストンと受け取れたのはこの作品だけだった。
見たとおりの「鳥の家」というタイトルのシリーズ。
作家は大学院の彫刻専攻、千葉麻十佳さんという女性らしい。
このプリントは、まとめて欲しいと思った。
c0172395_0311380.jpg
c0172395_0312360.jpg

[PR]
by cagrismmm | 2008-09-07 00:26 | today

DESIGN BUSSAN NIPPON

c0172395_0222512.jpg

ナガオカケンメイ氏がコミッショナーを務めるDESIGN BUSSAN 展を
先日、銀座・松屋に見に行った。(もう終わってます)
47都道府県から、デザインという視点で選んだ各5点を展示。
あくまで物産展なので、欲しいものは買える、というシステム。(当然売り切れのもの多数)
「デザインが個性を表現する素敵な方法だとしたら、
いま(中略)日本はどんな状態なのでしょう」
展示そのものはともかく・・・この問いかけは意味あるものだと思った。
[PR]
by cagrismmm | 2008-09-03 00:31 | today

香り

c0172395_23142545.jpg

classicoさんで見つけたイギリス・baileysのアロマキャンドルを買う。
mown grass=芝刈り、と言う名の香り。
当然100%オーガニックで、つけると一瞬で部屋が青くて爽やかな気分になる。

baileysのオーナーによるイラストの芝刈り機がすごくいい。
[PR]
by cagrismmm | 2008-09-01 00:14 | today

川久保玲とコム・デ・ギャルソン

c0172395_0164142.jpg

豪雨と青空、というすごいお天気の合間に
SCAI THE BATHHOUSEに新しい展示を見に行く。
道すがら川久保玲氏の最新インタビュー記事について考える。

Unlimited COMME des GARCONS での
彼女の言葉も、どれも直球で強かった。何度も読んだ。

c0172395_0314717.jpg

帰宅したら、CY TWOMBLY の写真展オープニングへの
インビテーションが届いていた。
マルセイユで来週、って言われても・・・(笑)
でも、CY氏の生きて動いているところは見たかった。
[PR]
by cagrismmm | 2008-08-31 00:38 | today

ダークナイト The Dark Knight.

c0172395_137755.jpg
c0172395_1371743.jpg

休日に、バットマンの新作「ダークナイト」を見る。
ティム・バートン監督の1作目、2作目は完成されたファンタジーだった。
そしてクリストファー・ノーラン監督の本作は、現代のリアリティをつかんだ傑作。
思えばこの監督は、世に出るきっかけとなった「メメント」も素晴しかった。
映像的にもバットマンの地下の基地なんか、まるでモダンアートのアトリエのようでかっこいい。

そこらの文芸大作を軽くしのぐ、見た人に深く、大きなテーマを突きつける映画。
ヒース・レジャーの急逝が話題を煽っているけど、脚本と演出こそ素晴しい映画だと思う。

・・にしても、敬愛するゲイリー・オールドマンのすごさには驚かされる。
見終わっても「どこにいたか、役は何だったか」全く意識させない俳優魂。

直々にいただいたサインは家宝です。
[PR]
by cagrismmm | 2008-08-27 02:03 | today

毛沢東

c0172395_2342041.jpg

仕事終わりで、千駄木・毛家麺店へ。坦々麺を食べた。

数年前、札幌で地元の方に連れて行ってもらった、知る人ぞ知るラーメン店。
満席の店内で食べた味噌ラーメンは、一緒に行った人曰く「麻薬入り」。
本当にうまかった。

で、この坦々麺にも「麻薬」が入っていたような気がする。
・・・これは、うまい。
[PR]
by cagrismmm | 2008-08-24 00:11 | today

DYMO

c0172395_036181.jpg

小さいときに、憧れていたけど買ってもらえなかったものの一つ。
DYMO。

ちょっと前に、セブンイレブン限定・BEAMSプロデュースで販売されていたのを、
深夜、自分にいろいろ言い訳しつつ購入。
C.A.G.で、商品説明のボードなどに使ったりもしています。

すべてがアナログで・・・
そんなアナログならではな「仕組み」に憧れてたんだな、と
思い出した。
[PR]
by cagrismmm | 2008-08-21 00:41 | today

空地

c0172395_1194365.jpg
c0172395_1195214.jpg

空地は必要かと思います。
C.A.G.の正面のお宅が新築のため取り壊し。
突然できた空地が、千駄木の小さな路地裏では新鮮です。
モダンアートなみです。

上PHOTO@TATE MODERN
こんな余裕のスペースをもつのが、さすがですね。
[PR]
by cagrismmm | 2008-08-20 01:29 | today