カテゴリ:book( 4 )

PIANO

c0172395_2333227.jpg
c0172395_2334141.jpg

ピアノはかっこいい。ピアニストもかっこいい。
怜悧な音色も、黒いシルエットも、特にクラシックピアノのコンサートでは、
広いステージにピアノひとつ、ピアニストひとり、というのがまたかっこいい。

ピアノは間違いなく楽器でありながら「機械」なんだけれど、
弾く人の「タッチ」でまったく違う音色を響かせる不思議なもの。
叩けば誰でも(犬でも!)鳴らせるのに、
そこから現れる色彩や歌が、どうしてあんなに違うんだろう?と思う。
NHKの「スーパーピアノレッスン」は、
先生も生徒もとんでもなく高いレベルのレッスンをドキュメントで見せる番組なんだけど、
まったく同じ条件に置かれたピアノを先生と生徒、それぞれが鳴らすときに
まるで違う音が響くのを実感できる。まるで、実験のようにはっきりと。
(そしてピアノにまったく興味が無くても、いろいろ学ぶことの多い番組ですよ)

上の写真は、大好きな新潮クレストブックス
T.E.カーハート作「パリ左岸のピアノ工房」という自伝的な小説。
アメリカからパリに移り住んだ主人公=作者が、住んでいるカルチェでとあるピアノ工房に出会う話。
最近では、下写真のエスカイヤ2008年3月号のピアノ特集や、敬愛する作家・堀江敏幸氏の
特集による「考える人」に登場したりと密かに評判の様子。

たまらなく好きな空気感が収まっている本で、旅先なんかにも持っていって、
少なくとももう5~6回は読んでる。開けば即、そこには静かな時間。
そういう種類の本です。

あてずっぽうに買ってみたクラシックピアノのCDを聴きながら、というのがいい。
それもやはり旅先で、実証済みです。
[PR]
by cagrismmm | 2008-10-15 02:03 | book

PURPLE ANTHOLOGY

c0172395_0113942.jpg
c0172395_0114926.jpg

創刊から、すべてのPURPLEをまとめた本。
オルタナティブな写真、オルタナティブなファッション。
こんなのありか?を問い続ける姿勢には、新しいも古いもないと実感させられる。

M・ボスウィック、W・ティルマンス、R・プリンス、T・リチャードソン・・・

すでにこの本でしか見られない作品もたくさんある。
[PR]
by cagrismmm | 2008-09-05 00:21 | book

LINES & SHAPES

c0172395_0463824.jpg
c0172395_0464674.jpg
c0172395_0465725.jpg

LINES & SHAPES
ポートランド発の若いアーティスト達による限定のブックレット。
cowbooksで買った。

「ルールや昔ながらの社会現状から自分を切り離し、
 自分自身の力で何かを考え、創りだすこと。」
ジョン・C・ジェイ氏によればポートランドは「インディペンデント」な場所、とのこと。どんなとこなんだろう。
[PR]
by cagrismmm | 2008-09-02 01:02 | book

ものの値段

c0172395_8451650.jpg

ある人にとってはゴミのようなものが、
ある人にとっては1億円。面白すぎる。

「その絵いくら?」小山登美夫 
講談社セオリーブックス
[PR]
by cagrismmm | 2008-08-29 02:44 | book