人気ブログランキング |

INTO THE WILD.

c0172395_0313071.jpg

ショーン・ペンの監督最新作を観て、素直に感動した。
映画評にあった「生の輝き」という言葉が、愚直だけどしっくりきた。
よくもその「生の輝き」を「映像化」できたものだと思う。

奇をてらったアングルがあるわけでなく、もちろんCGがあるわけなんてない
どちらかと言えばオーソドクスな表現の中に、二度と無いだろうかけがえのない空気と光が映っている。
そんな感じが画面に終始充溢してて、文字通り目が離せなかった。結構長い映画だけど。

ショーン・ペンと撮影のエリック・ゴーティエ、次作もこのコンビならいいのに。
by cagrismmm | 2008-09-14 00:51 | today
<< CITY 藝祭 2008へ行く >>